logo

ホンダ、量産EV「Honda e」を国内初公開--バッテリー着脱式スクーターや新型「FIT」も

西中悠基 (編集部)2019年10月23日 20時00分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 本田技研工業(ホンダ)は10月23日、第46回東京モーターショー 2019(10月24日~11月4日まで東京ビッグサイトで開催)にて、高効率電動化技術「Honda e: TECHNOLOGY」をコンセプトに、小型電気自動車(EV)「Honda e」と、電動スクーター「BENLY e:」、三輪電動車「GYRO e:」を公開した。

本田技研工業 代表取締役社長の八郷隆弘氏と、国内初公開の「Honda e」(左)、世界初公開の「BENRY e:」(中)、「GYRO e:」(右)
本田技研工業 代表取締役社長の八郷隆弘氏と、国内初公開の「Honda e」(左)、世界初公開の「BENRY e:」(中)、「GYRO e:」(右)

 Honda eは、ホンダ初の量産型四輪EV。フランクフルトモーターショーで発表したモデルだが、国内での展示は今回が初となる。35.5kWhのリチウムイオンバッテリを搭載し、充電と給電の双方に対応。フル充電時には、200km以上の走行が可能だという。

ホンダ初の量産EV、Honda e
ホンダ初の量産EV、Honda e

 また、独自のAI技術により自然な会話で情報を提供する「Honda Personal Assistant」を搭載。本田技研工業 代表取締役社長の八郷隆弘氏は、「クルマが社会や日常生活とシームレスにつながる未来のカーライフを、一足早く体感できるクルマ」だと説明した。

 BENLY e:とGYRO e:は、今回が初公開のモデル。両モデルは、配送や宅配用途で多く使われる「BENLY」「GYRO」を電動化したものだ。着脱式バッテリー「Honda Mobile Power Pack」を採用し、配送拠点で手軽なバッテリー交換が可能となっている。八郷氏は、「"働くバイク"の電動化を進めることで、より静かでクリーンな生活環境を提供するとともに、働く人々の笑顔にも貢献したい」と語った。

BENLY e:(左)とGYRO e:(右)
BENLY e:(左)とGYRO e:(右)

 八郷氏は、同社が掲げる2030年ビジョンのうち、「生活の可能性を拡げる」上で鍵となるのが、電動化とエネルギーだと説明。エネルギーマネジメントを含めた高効率電動化技術をHonda e: TECHNOLOGYと定め、商品や技術を通じて一環したコミュニケーションを展開すると宣言した。

 Honda e: TECHNOLOGYは、今回展示したHonda eやBENLY e:、GYRO e:といった完全電動モデルに加え、ハイブリッド車としても新たな時代のハイブリッドモデル「e:HEV」として展開する。八郷氏は、会場で世界初公開となったe:HEV採用モデルの新型「FIT」のほか、新型「ACCORD」などに順次展開し、2030年には世界での四輪車販売台数の3分の2を電動化するとの目標を示した。

2020年2月に発売する新型「FIT」。高効率・低燃費な2モーターハイブリッドシステムを採用する
2020年2月に発売する新型「FIT」。高効率・低燃費な2モーターハイブリッドシステムを採用する

 Honda eは、2020年に国内での発売を予定。BENLY e:は2020年春の発売を予定する。BENLY e:の発売にあわせ、ホンダは二輪車のコネクティッドサービスをローンチ予定。走行ルートの記録や事故発生時の緊急通報といった個人利用者向け機能や、車両情報のリアルタイム把握、メンテナンス通知や業務記録・日報の自動作成といった業務利用者向け機能を展開するという。

 新型FITは、2020年2月に発売を予定する。安全運転支援システム「Honda SENSING」やHonda e: TECHNOROGYといった最新技術の採用に加え、車載通信モジュール「Honda CONNECT」を日本初搭載し、緊急サポート機能やリモート操作機能を提供する。八郷氏はHonda CONNECTのサービスについて、今後国内で発売する新型車やフルモデルチェンジ車でも、順次採用すると発表した。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]