logo

損保ジャパンとセガが「運転シミュレーター」を共同開発--高齢者の事故削減を目的に

佐藤和也 (編集部)2019年10月20日 07時30分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 損害保険ジャパン日本興亜とセガ・ロジスティクスサービスは、高齢者の事故の削減を目的とした、運転に関する認知機能や運転技能を診断・トレーニングできる機能を備えた「運転シミュレーター」を共同で開発。12月から提供を開始する。

製品イメージ
製品イメージ

 この運転シミュレーターでは、シミュレーター上の運転結果をもとに、危険予測や判断力・記憶力など運転に関する認知機能のレベル、操作の正確性や反応速度など運転技術のレベルがチェック可能。チェック結果を「運転脳年齢」ならびに「運転技能分析」としてスコア化する。ほかにも、シミュレーターでさまざまな運転シーンを繰り返し体験することで、記憶力や判断力・反応力などのトレーニングや、シミュレーター上で事故のヒヤリハットの場面を経験することで、実際の車の運転時の事故防止意識の高まりを期待できるという。

シミュレーション画面イメージ
シミュレーション画面イメージ
診断結果イメージ
診断結果イメージ

 昨今の高齢ドライバーによる事故の増加を背景に、75歳以上の方の運転免許更新時における認知機能検査導入や高齢者向け限定免許制導入の検討など、高齢者の事故の削減が社会的に重要な課題。事故を未然に防ぐためには、運転者自身が運転に関する認知機能や運転技能の状態を把握し、機能維持や技術向上のトレーニングを行うことで、健康で安全に運転できる状態を維持していくことが重要とし、高齢者の事故削減を目的に運転に関する認知機能や運転技能の診断・トレーニング機能を備えた運転シミュレーターを、両社で共同開発したという。

 今後両社は、自動車ディーラーや自動車教習所などへ本運転シミュレーターの導入提案を行っていくとしている。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]