logo

ヤフーやMakuakeが台風19号の「災害支援募金」を開始

藤井涼 (編集部)2019年10月13日 16時04分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 10月12日に非常に大型な台風19号が日本に上陸した。13都県に特別警報が出され、長野県千曲川をはじめ複数の河川が氾濫、各地で土砂崩れが発生するなど大規模な災害となった。

 これを受け、ヤフーは「Yahoo!基金」において「令和元年台風19号緊急災害支援募金」の受付を開始している。この募金には、3000万円を上限金額として、Yahoo! JAPANからのマッチング寄付が適用され、寄付額が2倍になるとしている。

「令和元年台風19号緊急災害支援募金」
「令和元年台風19号緊急災害支援募金」

 集まった寄付金は、被災都道府県もしくは被災市町村への義援金を予定しており、被災地の復旧活動、被災者の生活再建を目的とした支援活動にも使用する場合があるとしている。詳しい使いみちは決まり次第、募金ページのほか、Yahoo!基金のウェブサイト、TwitterのYahoo!基金アカウントなどを通じて報告するという。

 また、クラウドファンディングサイトの「Makuake」も、「台風19号による災害の支援募金」を開始した。

「台風19号による災害の支援募金」
「台風19号による災害の支援募金」

 支援コースは、1000円から100万円まで10通り用意しており、集まった支援金は、地方自治体などを通じて被災地に寄附され、義援金のほか、災害復旧活動、支援活動において利用される予定。明確な寄附先は現在検討中とのことで、決定次第プロジェクトページや、コミュニケーションページで報告するとしている。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]