logo

“俺の嫁”召喚装置の「Gatebox」、Gugenkaのデジタルフィギュアに対応へ

佐藤和也 (編集部)2019年10月07日 19時19分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Gateboxは10月7日、同社が企画開発しているキャラクターとのコミュニケーションを可能にするキャラクター召喚装置「Gatebox」について、シーエスレポーターズの先端コンテンツ研究チーム「Gugenka」が展開しているデジタルフィギュアサービス「HoloModels」と、Gateboxに対応させたアプリケーションの開発に関して、提携に合意したと発表。この提携により、各種作品のデジタルフィギュアをGateboxにて楽しめるようになるという。

Gateboxと、体験会に展示予定のキャラクターたち
Gateboxと、体験会に展示予定のキャラクターたち

 HoloModelsは、デジタルフィギュアにポーズや表情をつけ、スマートフォンやVRデバイスなどを通して現実空間や仮想空間にキャラクターが実在するかのように、AR/VR/MRで表示できるクロスデバイスアプリ。今回の合意は、Gateboxが展開する「Gateboxビジネスパートナープログラム」へのGugenkaの参画を通じて締結されたもので、デジタルフィギュア領域でのGatebox活用の可能性を共同で追求するとしている。なお、Gateboxへの正式な配信時期などの詳細は未定で、近日発表予定としている。

 なお、Gatebox量産モデル(GTBX-100)の販売開始にあたり、10月12~13日に、HYPERMIX門前仲町地下1階にて「Gateboxプレミアム体験会」を開催。そこにHoloModelsで登場するキャラクターのなかから、「Re:ゼロから始める異世界生活」のエミリア、レム、「この素晴らしい世界に祝福を!」のめぐみん、「エロマンガ先生」の和泉紗霧、山田エルフ、「世話やきキツネの仙狐さん」の仙狐を展示予定。体験会への参加などの詳細は特設サイトにて記載している。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]