logo

[ブックレビュー]働き方に悩んでいる人に--「正直、仕事のこと考えると憂鬱すぎて眠れない。」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
東洋経済新報社
詳細:単行本 / 160ページ / 東洋経済新報社 / 著者:じゅえき 太郎 / 発売日:2019/09/20 / 外形寸法 (H×W×D):18.6cm×13.0cm×2.0cm / 重量:0.3kg
内容:このタイトルをひと目見て、共感しすぎて泣いてしまうほどだったら、無理にでも仕事を休んで一度医者に診てもらうことをお勧めする。そこまでではないけれど、「あるある」と思った人なら、本書を読むことで少し元気になれるかもしれない。疲れた時に、ただ横にいてくれるだけでうれしい、友人のように寄り添ってくれる本だ。
「正直、仕事のこと考えると憂鬱すぎて眠れない。」
「正直、仕事のこと考えると憂鬱すぎて眠れない。」

 このタイトルをひと目見て、共感しすぎて泣いてしまうほどだったら、無理にでも仕事を休んで一度医者に診てもらうことをお勧めする。そこまでではないけれど、「あるある」と思った人なら、本書を読むことで少し元気になれるかもしれない。疲れた時に、ただ横にいてくれるだけでうれしい、友人のように寄り添ってくれる本だ。

 四コマ漫画とエッセイの組み合わせで、職場や仕事の「あるある」と、「そんな時はこうしてみるのはどうかな?」というアドバイスが綴られていく。アドバイスと言っても、理不尽なことを押し付けられたりする会社で働く、普通の人の目線なので、押し付けがましさは全くない。特別な状況ではなく、誰かの下で働くひとなら一度は(あるいは毎日!?)経験していることかもしれない。目次を見て、「それ、自分と同じかも」と思ったら、そのページを開いてみるような読み方もできる。

 働きアリの四コマ漫画の線が柔らかく、温かみにあふれているので、本当に疲れている人には、四コマ漫画だけをパラパラとながめる読書もお勧めだ。現在はフリーランスとして仕事をしている著者なので、会社で働く人だけでなく、フリーランスにも共感できる「あるある」が、個人的にうれしい。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]