logo

Twitter公式クライアント「TweetDeck」、世界的な障害が発生

西中悠基 (編集部)2019年10月02日 12時13分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
UPDATE

 10月2日10時頃より、Twitter公式クライアント「TweetDeck」で障害が発生している。

 11時40分現在、TweetDeckにログインしようとすると、Twitter公式ページにリダイレクトされる状況となっている。またTwitter上では、ツイートの投稿に失敗するとの声も一部で上がっている。

 障害発生報告サイトOutage.Reportでは、全世界的にTweetDeckの障害発生が報告されている。

Outage.Reportでは、全世界的な障害発生が報告されている
Outage.Reportでは、全世界的な障害発生が報告されている

 Twitterによると、ストリーミングAPIに問題が発生しており、これを調査中だという。また11時55分現在、データの送信時に遅延や欠落の可能性があるとしている。

【10月2日14時50分追記】

Twitterは14時14分、サービスが復旧したことを発表した。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

  • DX時代の内部不正対策

    リスクの顕在化を防ぐチェックポイントを
    マイクロソフトと弁護士の対談から探る

  • RPA特集

    同僚はITシステム?業務自動化は人+IT

  • 次の一手はこれだ!

    ZDNet×マイクロソフトが贈る特別企画
    今、必要な戦略的セキュリティとガバナンス

  • BCP対策:前編

    「ビッグデータ」 から考える、働き方改革
    とBCP対策

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]