logo

Twitter、SMS経由のツイート機能を一時停止--CEOアカウントのハッキング被害を受け

Shelby Brown (CNET News) 翻訳校正: 緒方亮 高森郁哉 (ガリレオ)2019年09月05日 11時56分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Twitterは米国時間9月4日、一部の地域で提供しているSMS(テキストメッセージ)経由でツイートする機能を、アカウント保護の目的で停止していることを明らかにした。サポートチームの一連のツイートによると、停止は一時的なものだという。記事執筆時点で、ユーザーはウェブブラウザ―かモバイルアプリを使ってツイートするしかない。

Twitterのロゴ
提供:Angela Lang/CNET

 Twitterのサポートアカウントは、「この措置をとるのは、携帯通信事業者による対処が必要な脆弱性があり、また、当社が2要素認証に関連づけられた電話番号に依拠している(この点は改善中)ためだ」と記した。

 Twitterは、長期的な修正に取り組む一方で、「信頼できる通信をSMSに頼る市場では早急に」この機能を再開すると述べた。Twitterがこの機能を停止したのは、最高経営責任者(CEO)であるJack Dorsey氏のアカウントが8月30日にハッキングされたことを受けてのことだ。ハッキングを実行した組織はDorsey氏のアカウントから、性差別的、人種差別的、反ユダヤ的なコメントに加えて、爆破予告のツイートを投稿した。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]