logo

ビビッドガーデン、2億円を資金調達--DeNAなど5社と松本龍祐氏、為末大氏ら

  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 こだわり生産者のオンラインマルシェ「食べチョク」を運営するビビッドガーデンは10月2日、マネックスベンチャーズ、神明ホールディングス、iSGS、VOYAGE VENTURES、DeNAの5社と松本龍祐氏、元陸上選手の為末大氏などの個人投資家を引受先とした2億円の第三者割当増資を実施したと発表した。

キャプション

 同社によると、農業従事者の平均年齢は67歳。農業従事者数は減少の一途をたどっているという。そこで、一次生産者の販路を広げる「食べチョク」の仕組みをより早く、多くの生産者に利用してもらうべく、今回シリーズAの資金調達を実施した。

キャプション

 なお、調達した資金は新規顧客獲得のためのマーケティング強化と幹部人材、開発人材の採用強化に用いるという。

 食べチョクは、こだわり生産者から直接商品を購入できるオンラインマルシェサービス。好みに合う生産者を選んでくれる「食べチョクコンシェルジュ」、友達と分けあえる「共同購入」のほか、販売前に商品を取り置きできる予約機能など、さまざまな買い方を提供している。

キャプション

 登録生産者は500軒を突破し、個人や飲食店の利用者も右肩上がりで増加しているという。2019年からは、肉や魚、酒の取り扱いを開始。こだわり食材の総合マーケットプレイスに発展している。

キャプション

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]