logo

GAテクノロジーズ、不動産取引におけるIT重説の社会実験に参画

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 GAテクノロジーズは9月26日、国土交通省が推進する「個人を含む売買取引におけるIT重説の社会実験」の登録事業者として参画すると発表した。同社の不動産投資サービス「RENOSY ASSET(リノシーアセット)マンション投資」の個人向けIT重説を、10月1日より開始する。

不動産売買のIT重説社会実験に参画
不動産売買のIT重説社会実験に参画

 実施期間は概ね1年間を予定。通常は対面で行う不動産売買取引における重要事項説明を、社会実験としてテレビ会議システムを用いて実施する。国土交通省が実施する社会実験であるため、重要事項説明が録画・録音されるとともに、事後に説明の相手方にアンケート回答の協力を依頼する。

 GAテクノロジーズは、社会実験に携わる宅地建物取引士が専任的にIT重説を行うことで、将来の規制制度改革に向けた課題発見と解決に取り組むとしている。また、取引経験回数が多いと想定される投資顧客に対してIT重説を推進し、月間10〜15件、年間で180件の実施を目指す。

 RENOSYは、GAテクノロジーズが運営する不動産テック総合ブランド。RENOSY ASSET マンション投資は、AIを活用した物件選定や管理サービスで、初心者にも分かりやすいマンション投資を提案している。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]