logo

シャオミ、画面占有率180%の新スマホ「Mi Mix Alpha」を発表--カメラは1億画素超え

Daniel Van Boom (CNET News) 翻訳校正: 緒方亮 高森郁哉 (ガリレオ)2019年09月25日 11時43分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 スマートフォンの本体に対する画面の大きさを表すのに、画面占有率が使われる。画面占有率が高いほどベゼル(縁)が小さい。「iPhone 11 Pro」の画面占有率は、旧機種から継承された大きいノッチ(切り欠き)もあって82.1%に留まる。華為(ファーウェイ)の「Mate 30 Pro」は94.1%で、サムスンの「Galaxy Note10+」は91%だ。そうしたなか、中国の小米(シャオミ)は現地時間9月24日、コンセプトモデル「Mi Mix Alpha」を発表し、画面占有率180.6%をうたっている。

Mi Mix Alpha発表の様子
提供:Screencap by Daniel Van Boom/CNET

 Mi Mix Alphaの画面は側面に回り込み、さらに背面にまで広がる。唯一のベゼルは背面の縦方向に細い帯状に伸び、ここにカメラのレンズ群が収まる。カメラの性能も尋常ではない。108メガピクセルのカメラ、12メガピクセルの望遠レンズ(光学ズーム2倍)、20メガピクセルの超広角カメラの組み合わせだ。

 シャオミによると、Mi Mix Alphaは解像度が1万2032×9024画素の写真を撮影できるという。その実力を証明するため、シャオミはこのカメラで撮影した写真をデモで紹介し、8倍まで拡大しても細かさがまったく失われないことを示した。

 側面にはリマインダーと通知が表示される。背面は、通常使用時(つまり前面ディスプレイの使用時)には休眠状態だが、ひっくり返すとオンになる。背面ディスプレイには、よく使うアプリのショートカットを配置しておける。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]