logo

約1000人のアマゾン従業員、気候変動への対策を会社に求めストライキへ

Ben Fox Rubin (CNET News) 翻訳校正: 佐藤卓 高橋朋子 (ガリレオ)2019年09月10日 11時14分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 1000人近いAmazonの従業員が、世界的な気候変動への対策を求めるデモ活動の一環として、米国時間9月20日にストライキを行う計画を進めている。

シアトルにあるAmazon本社
シアトルにあるAmazon本社
提供:James Martin/CNET

 気候変動への取り組み強化をAmazonに求める従業員グループ「Amazon Employees For Climate Justice」(気候の公平性を求めるAmazon従業員)は、20日のストライキへの参加を社内で呼びかけたことを9月9日付けのMediumへの投稿で明らかにした。すでにWIREDVICEがこのデモ活動について報じており、WIREDの記事によると、今回のストライキに参加する人々は、現時点でほとんどがシアトルにあるAmazon本社の従業員であり、ストライキといっても参加者の多くはあらかじめ休暇を取得する予定だという。

 「世界最大級の規模とパワーを有する企業の従業員として、気候変動への取り組みを追随するのでなく、主導するよう自社に働きかけることが、気候変動の危機に果たすべきわれわれの役割だ」と、従業員グループはMediumへの投稿で述べている。

 今回のストライキは、「Global Climate Strike」(世界気候ストライキ)という学生主導の運動の一環として行われる。この活動は、16歳のスウェーデン人活動家Greta Thunberg氏が始めたものだ。2019年には、「国連気候行動サミット」が9月23日に開催されるのに合わせ、9月20〜27日の期間に各地でデモ活動が予定されている。

 また、Microsoftの従業員グループ「Microsoft Workers 4 Good」も同じく9日付けのTwitterへの投稿で、20日のGlobal Climate Strikeに参加することを明らかにしている。

 Amazonの広報担当者は9日、声明で次のように述べた。「人為的な気候変動の要因を削減するために大きな役割を果たすことは、Amazonにとって重要な責務だ。当社は何年も前から、サステナビリティに取り組む専門チームを設け、当社が環境に与える影響を減らすための活動を続けている」

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]