logo

たった79gの楽天オリジナルスマホ「Rakuten Mini」--おサイフケータイに対応

山川晶之 (編集部)2019年09月06日 19時44分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 カラーバリエーションは黒と白。
Scroll Right Scroll Left

 カラーバリエーションは黒と白。

 楽天モバイルは9月6日、携帯キャリア事業(MNO)を10月1日に開始するのにあわせて、同社初のオリジナルスマートフォン「Rakuten Mini」を披露した。なお、発売時期や価格については今のところ非公表となっている。

キャプション
「Rakuten Mini」。3.6インチの液晶パネルを搭載するが、色味が若干薄い印象を受けた

 Rakuten Miniは、約3.6インチ(1280×720ピクセル)の液晶ディスプレイを搭載。約106.2×53.4×8.6mm、約79gという小型軽量を実現したスマートフォン。おサイフケータイに対応しており、同社では「世界最小最薄Felica対応スマートフォン」としてアピールする。

 スペックは、Snapdragon 439(オクタコア、2GHz+1.45GHz)、RAM 3GB、ストレージ 32GB、約1600万画素のメインカメラ、約500万画素のインカメラ、約1250mAhのバッテリーを搭載。IPX2/IP5Xの防塵防滴性能を有する。SIMスロットは内蔵しておらず、eSIMのみの対応となる。OSは、Android 9だ。

キャプション

 サイズ感といい、UIといい、小型スマートフォン「Palm Phone」に似ている。Palm Phoneは、約96.6×50.6×7.4mm、約62.5gとRakuten Miniより若干小型軽量となっているが、その分バッテリー容量が800mAhと少ない。ユーザーの声を拾うと、バッテリー持ちに不満のある意見も聞こえてくる。

キャプション
小型スマートフォンとして真っ先に思い浮かぶ「Palm Phone」

 Rakuten Miniの展示スペースにいた説明員によると、液晶ディスプレイのサイズが小さく、約1250mAhのバッテリーを積んでいるため、「十分に一日使えるのでは」としている。スペック上の連続待受時間は約160時間、通話時間(LTE)は約5.4時間だ。なお、Rakuten Miniの企画は楽天で手がけており、設計・製造にあたっては中国ODMメーカーの協力を得たとしている。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]