logo

楽天、10月から“5000人限定”で携帯キャリア参入--三木谷氏「年内にも本格募集したい」

山川晶之 (編集部)2019年09月06日 14時55分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 楽天は9月6日、MNOサービスの詳細を発表した。10月1日よりすべての通信サービスが無料になる「無料サポータープログラム」の受付を開始する。

キャプション
「Rakuten Mini」を手に持つ楽天代表取締役会長兼社長の三木谷浩史氏

 無料サポータープログラムは、東京23区、大阪市、名古屋市、神戸市居住者を対象に、通信・通話、国際ローミング、SMSが無料で利用可能。プログラムユーザーには、品質テストのアンケートに複数回答と、ネットワークに対応した端末の利用が求められる。10月1日から7日まで受付し、11日から順次案内メールを配信する。5000人限定としており、申し込み多数の場合は、抽選を実施する。提供期間は2020年3月31日までとしている。

キャプション

 本格的な運用開始については、無料サポーターにて安定稼働が確認されてからとしている。料金プランもその際に発表される。一部報道で、2020年春以降での開始とされていたが、楽天代表取締役会長兼社長の三木谷浩史氏は、「安定稼働を確信した段階で可及的速やかにフルサービスを開始したい。半年後ではなく、1ヵ月後かもしれないし3ヵ月後かもしれない」としつつ、「不確定なことは言えない。100%自信を持っているが、しっかり動いているのが確認できれば、年内にも本格的な募集を始めたい」とした。

 同社では、自社回線(東京23区、大阪市、名古屋市)以外の回線については、KDDIの回線と接続してサービスを開始する。4月からはVoLTEでの接続が可能になるという。楽天では、Linkと呼ばれる専用アプリを使って、音声通話やSMSなどを通信するように推奨している。標準の音声通話アプリを使うこともできるが、2020年3月末までは、楽天ネットワークとKDDIネットワークの切替時に、通話は一度切断が発生するという(Linkでは発生しない)。

キャプション

 違約金や最低利用期間は設けず、販売する端末は、携帯キャリア初の全機種SIMロックフリーを採用する。また、自社専用端末として「Rakuten Mini」も発表。「世界最小最薄Felica対応スマートフォン」とし、79gの軽量ボディを採用。eSIMに対応するという。

キャプション

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]