logo

BBC、独自の音声アシスタントを提供へ--地方のアクセントにも対応

Carrie Mihalcik (CNET News) 翻訳校正: 編集部2019年08月28日 09時25分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 英BBCは、Amazonの「Alexa」や「Googleアシスタント」などのサービスに代わる独自のデジタル音声アシスタントを開発している。そのための最初のステップとして、同アシスタントが地方のアクセントを確実に聞き取れるように、英国中のBBCチームからの録音データを収集している。

提供:William Fawcett / Getty Images
提供:William Fawcett / Getty Images

 BBCは現地時間8月27日、「Beeb」というウェイクワードを使用する音声アシスタントを2020年にリリースする計画を明らかにした。ユーザーがBBCの番組やオンラインサービスと相互にやり取りするために使われ、スマートスピーカーやスマートフォンなどの端末で動作するという。

 「成人のおよそ5人に1人が自宅にスマートスピーカーを持っており、さらに数百万人がポケットに音声駆動端末を入れている。したがって、プログラムやサービスに音声でアクセスしたいという人々の需要は高まっている」と、BBCの広報担当者は27日の電子メールによる声明で述べた。

 The Guardianによると、BBCには現在のところ、Beebを使用する独自のスタンドアロンのハードウェア端末をリリースする計画はないという。音声アシスタントはBBCのウェブサイトと同社の「iPlayer」アプリに組み込まれ、これを端末に組み込むメーカーを対象に提供されると報じられている。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]