logo

コンセプトは“APS-C一眼レフの完成形”--キヤノン、デジタルカメラ「EOS 90D」

坂本純子 (編集部)2019年08月28日 13時00分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 キヤノンは8月28日、ハイアマチュア向けのデジタル一眼レフカメラ「EOS 90D」を9月中旬より発売すると発表した。「EOS 80D」(2016年3月発売)の後継機種となる機種だ。

デジタル一眼レフカメラ「EOS 90D」
デジタル一眼レフカメラ「EOS 90D」

 ラインアップとキヤノンオンラインショップ価格は、ボディー単体が15万円(税別)。EF-S18-135 IS USMレンズキットが19万7500円(税別)。

 EOS 90Dの開発コンセプトは、“APS-C一眼レフの完成形”だ。80Dよりもコンパクトなサイズ(約140.7mm×104.8mm×76.8mm、約701g)ながら、本格一眼レフカメラとしての性能と先進機能を進化させた。

 EOS 5D mark IV/EOS Rと同レベルとなる有効画素約3250万画素のAPS-CサイズCMOSセンサと、映像エンジン「DIGIC 8」により、高画素化とファインダー撮影時は最高約10コマ/秒、ライブビュー撮影時、AF固定は最高約11コマ/秒の高速連写を実現した。最高ISO25600の常用ISO感度を達成している。

サイズは約140.7mm×104.8mm×76.8mm、約701g。EOS 80Dは約139.0mm×105.2mm×78.5mm、約730gだった。
サイズは約140.7mm×104.8mm×76.8mm、約701g。EOS 80Dは約139.0mm×105.2mm×78.5mm、約730gだった。

 前機種 EOS 80Dと同様に、オールクロス45点AFを搭載。新AEセンサとDIGIC 8によって、ファインダー撮影時でも顔検出が可能になった。上位機種に搭載されていたEOS iTR AF(顔優先)を実現。すばやく動き、予測しにくい被写体の撮影をサポートする。

 このほか、ライブビュー撮影時だけでなく、光学ファインダー撮影時でも活用できる流し撮りアシスト機能を初搭載。またスポット1点AF、瞳AFサーボAF(ライブビュー撮影時)、4動画は4K 30p/25p(クロップする/しないを選択可能)に対応した。

2つのマルチコントローラーを搭載
2つのマルチコントローラーを搭載

 操作性は、上位機種に搭載されていた独立型のマルチコントローラーを搭載。ファインダーをのぞきながらでも本格的な操作ができるようになった。なお、従来のマルチコントローラー2も継続している。レリーズは、押し感にこだわり、上位機種に搭載されていたシャッターボタン機構を搭載。半押しと全押しで圧力が変化し、中間のポジションでも待機できる。連続撮影時も疲れにくい高品位な操作感となっている。

レリーズの押し感にもこだわっている
レリーズの押し感にもこだわっている

 なお、同日408gのミラーレスカメラ「EOS M6 Mark II」とレンズ「RF 15-35mm F2.8 L IS USM」「RF24-70mm F2.8 L IS USM」も発表している。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]