logo

アップル、「iPhone」向けトランシーバー機能の開発を保留か

Corinne Reichert (CNET News) 翻訳校正: 桑井章裕 高橋朋子 (ガリレオ)2019年08月27日 09時41分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Appleが「iPhone」向けのトランシーバー機能開発プロジェクトを保留したと報じられている。トランシーバー機能は、同じエリア内でモバイル通信サービスを介さずにやりとりができるものだ。保留の理由はまだ明らかになっていないと、The Informationは米国時間8月26日、2人の情報筋の話として報じた。

iPhone
提供:Angela Lang/CNET

 Appleはすでに、「Apple Watch」向けのトランシーバーアプリを開発している。2018年発表の「watchOS 5」で導入されたもので、ユーザーはスマートウォッチのボタンを押して話しかけることができ、相手の声を聞くことも可能だ。

 今回のプロジェクトはIntelと協力して進めていたと、The Informationは26日の報道で伝えている。Appleにコメントを求めたが、今のところ回答は得られていない。

 なおAppleは7月、「iPhone」を盗聴可能にする恐れのある脆弱性を指摘され、Apple Watch向けトランシーバーアプリの一時停止を余儀なくされた。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]