logo

三井住友カード、スマホアプリで1万6756件の不正ログイン--クレカ番号の流出はなし

山川晶之 (編集部)2019年08月23日 18時55分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 三井住友カードは8月23日、会員向けスマートフォンアプリ「三井住友カードVpassアプリ」において、第三者による不正ログインが発覚したと発表した。なお、クレジットカード番号の漏えいと悪用被害は確認されていないという。

 同社では、8月19日にVpassアプリへの不正ログインを検知。緊急措置として、不正ログインと特定したアクセスを遮断し、ログインされたIDのパスワード無効化を実施。調査の結果、不正ログインに使用されたID、パスワードの大半が三井住友カードに登録されていないことから、リスト型攻撃と判断したという。なお、同社からID、パスワードが流出した痕跡はないとしている。

 リスト型攻撃は、第三者が他社のサービスなどから不正に入手したIDやパスワードを使用して不正アクセスを試みる手法で、ユーザーが複数のサービスで同じIDやパスワードを使い回している場合、不正ログインされる可能性が高まる。このため、サービスごとに異なるパスワードを設定するなどの対策がユーザーに求められている。

 不正ログインされた可能性のあるID数は1万6756件。不正ログイン試行総数は約500万件におよんだという。今回の不正ログインでは、クレジットカードの利用情報の閲覧のみが可能であり、決済はできないという。閲覧された可能性があるのは、氏名、カード名称、カード利用金額、利用明細、利用可能額、ポイント残高のみ。クレジットカード番号はマスキングされており、特定は不可能のようだ。

 不正ログインされたアカウントのユーザーに対しては、パスワードの無効化とともに、個別に連絡した上でID、パスワードの変更を呼びかけるとしている。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]