logo

EU、顔認識技術の「無差別利用」に規制を検討か

Katie Collins (CNET News) 翻訳校正: 矢倉美登里 吉武稔夫 (ガリレオ)2019年08月23日 12時19分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 欧州連合(EU)の欧州委員会は、公共の場における監視から市民を守る顔認識規制の全面的な改革を検討しているという。Financial Timesが報じた。

多くの人の画像
提供:Getty Images

 Financial Timesは、EU関係者の発言として、新たな規制によって「顔認識技術の無差別利用」が制限される可能性があると伝えている。そうなれば欧州市民には、「(顔認識の)データがいつ利用されるかを知る」権利が与えられるという。

 欧州委員会の広報担当者は、顔認識を含めてトラッキングとプロファイリングに関して新しい規制が必要かどうかを検討するため6月に結成された、ハイレベルの専門家グループについて述べるにとどまった。

 顔認識技術の規制をめぐる議論は、欧州全土で公共の場における試験運用がたびたび行われていることを受けたものだ。中には、顔認識技術の試験運用が行われていることを告知しないまま実施したケースもある。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]