logo

石油大手のシェル、シンガポールの「Shell」ガソリンスタンドにEV充電設備を設置

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 石油大手企業のRoyal Dutch Shellは、シンガポールのShellガソリンスタンドに電気自動車(EV)向け充電設備を設置すると発表した。同社として、東南アジア初の試みという。

ガソリンスタンドにEV充電設備を併設(出典:Shell)
ガソリンスタンドにEV充電設備を併設(出典:Shell)

 ShellのEV充電サービス「Shell Recharge」は、ガソリンスタンドに充電設備を併設して提供される。この種のガソリンスタンドでは簡単な飲食もできるので、充電中にスナックを食べたりコーヒーを飲んだりしながら待てる。

 出力は直流(DC)50kWで、一般的に約30分でバッテリ容量80%まで充電できるとしている。料金は、1kWh当たり0.55シンガポールドル(約42円)。

対応充電コネクターはType 2とCCSの2種類(出典:Shell)
対応充電コネクターはType 2とCCSの2種類(出典:Shell)

 まず、8月にセンカンのShellスタンドでShell Rechargeサービスを提供開始。2019年10月には、シンガポールで展開しているガソリンスタンドの2割弱に相当する、10カ所でEV充電を利用可能にする計画。

 なお、シンガポールでは、EVの購入や利用をしない理由として充電スタンド不足を挙げる人が52%存在するという。そのため、Shellは戦略的に充電スタンドを整備し、急速充電できる環境を整えるそうだ。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]