logo

SIE、PS4「スパイダーマン」開発の米Insomniac Gamesを買収

佐藤和也 (編集部)2019年08月20日 11時48分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ソニー・インタラクティブエンタテインメント(SIE)は8月20日、PS4用ソフト「Marvel's Spider-Man」や、「ラチェット&クランク」シリーズを手掛けるゲーム開発会社のInsomniac Gamesの買収について、正式契約を締結したと発表。買収は、関係当局の承認取得などの後に完了するとし、買収額を含む金銭的条件などについては、契約条件により公評しないという。

 Insomniac Gamesは、米国に拠点を置くゲーム開発会社で、「スパイロ・ザ・ドラゴン」や「ラチェット&クランク」、「RESISTANCE」などのプレイステーション向けゲームシリーズを手がけている。近年ではSIEとInsomniac Games、Marvel Gamesの協業のもとで2018年9月に発売したPS4用ソフトのMarvel's Spider-Manは、世界累計実売本数が2019年7月28日時点で1320万本を突破。2018年におけるPS4用ソフトウェアの中でも最も評価の高い作品のひとつという。

 今回の買収により、SIEのソフトウェアタイトル制作部門をグローバルに統括するSIEワールドワイド・スタジオ(SIE WWS)は、Insomniac Gamesを14番目のスタジオの一員として迎えるという。20年以上にわたりInsomniac GamesとSIEとの間で築き上げてきた強固な信頼関係を基盤として、長年培ってきたSIE WWSのクリエイティビティをより一層発揮し、オープンワールドかつストーリー性を重視したゲーム開発を強化していくという。なお、Insomniac Gamesの今後の経営については、これまでと変わらずInsomniac Gamesのマネジメントチームが、SIE WWSの San Mateo Studioと連携しながら進めていく予定としている。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]