logo

アマゾンの顔認識「Rekognition」が精度改善--「恐れ」の感情も検出

Carrie Mihalcik (CNET News) 翻訳校正: 編集部2019年08月16日 08時24分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Amazonが、顔認識技術「Rekognition」の顔解析機能をアップデートし、精度や機能を改善した。年齢の推定などを改善したほか、検出可能な感情に「恐れ」を追加している。

顔認識
提供:Getty Images

 Amazonによると、「感情検出(全部で7つ:『幸せ』『悲しみ』『怒り』『驚き」『うんざり』『おだやか』『困惑』)の精度が向上し、新たに『恐れ』の感情が追加された」。また、「年齢範囲の精度も向上したことにより、ほとんどの年齢グループで年齢範囲の推定をより絞れるようになる」という。

 Amazonによると、Rekognitionソフトウェアは膨大な数の顔のデータベースを利用して、1枚の写真で数百人もの人物を追跡、解析することができるという。一部の批評家らはこの技術への懸念を示している。アメリカ自由人権協会(ACLU)は法執行機関に乱用される恐れがあり、「有色人種や移民などのコミュニティーに深刻な脅威」を与えるとしている。ACLUは米国時間8月13日、Amazonの顔認識ソフトウェア「Amazon Rekognition」のテストで、カリフォルニア州議会議員のうち26名が誤って犯罪者と判定されたと述べた。Amazonは、同社の顔認識ソフトウェアについてACLUは誤った説明をしていると反論した。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]