logo

USEN Mediaとecbo、シェアリングサービスの普及と推進で業務提携

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 USEN Mediaは8月6日、ecboとシェアリングサービスの普及と推進に関する業務提携契約を締結したと発表した。取り組みの第1弾として、USEN Mediaの訪日外国人向けグルメサイト「SAVOR JAPAN」に、ecboの荷物預かりサービス「ecbo cloak」が使えるレストランを公開した。

USEN Mediaとecboが業務提携
USEN Mediaとecboが業務提携

 SAVOR JAPANは、料理人の顔が見えるグルメメディア「ヒトサラ」の多言語版で、掲載店舗約1万6000店、正規加盟店2261店のインバウンドグルメサイト。一方のecbo cloakは、荷物を預けたい人と荷物を預かるスペースを持つお店をつなぐ、シェアリングサービス。アプリからの事前予約で、カフェや美容室、郵便局、駅構内などのスペースに、荷物を預けることができる。

 今回、SAVOR JAPANの特集記事として、ecbo cloakに登録されている、荷物預かりに対応した飲食店情報を表示。USEN Mediaは、SAVOR JAPANユーザーに対して、レストラン予約や食のコンテンツにとどまらない、便利な情報の提供が可能になるとしている。

 今後は、USEN-NEXT GROUPの取引店舗への営業代行においても連携を図り、店舗の空きスペースを活用した新たな収益源や、顧客接点を生み出すための取り組みを進めるという。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]