logo

AIが作成した文章を見抜くAIツール、ハーバード大らが無料公開

Shelby Brown (CNET News) 翻訳校正: 編集部2019年08月02日 15時42分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ハーバード大学と、マサチューセッツ工科大学(MIT)とIBMの人工知能(AI)研究機関であるMIT-IBM Watson AI Labの研究者らは、偽情報の拡散防止に役立つツールを開発した。研究チームが6月に発表した論文によると、「GLTR(Giant Language model Test Room)」と呼ばれるこのツールはAIを利用して、AIが作成した統計学的なテキストパターンを検出する。

Josh Goldman/CNET
このAIは他のAIの一歩先を行く
提供:Josh Goldman/CNET

 GLTRは、単語が再度使用される可能性に基づいてテキスト内の単語を色別に表示する。AIが作成した可能性が高い単語は緑色、より可能性が低いものは赤色と黄色、最も可能性が低いものは紫色で表示される。

 こういったツールは、ボットによって作成された大量のコンテンツを撲滅しなければならないTwitterやFacebookなどのソーシャルメディアサイトにとって有益になる可能性がある。

 研究の被験者がこのツールを事前の訓練なく使用したところ、人間による検出率が54%から72%に増加したという。

 「われわれは分析結果から得た洞察を適用してGLTRを開発した。このツールは人間の読み手を支援し、偽のテキストの検出能力を高めるためのものだ」「GTLRの目的は、生成されたテキストについて学んでもらい、意識を高めることだ」と論文の結論で述べられている。

 研究者らにコメントを求めたが、すぐには回答を得られなかった。だがGLTRは無料で提供されている

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]