logo

ヘンケル、髪のダメージを測定できる世界初のデバイスを日本で展開--美容室向けに - (page 2)

坂本純子 (編集部)2019年07月30日 20時30分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

世界で先駆けて日本で展開する理由

 SALON LAB スマートアナライザーは、世界で先駆けて日本で展開される。その理由について後藤氏は、「日本は米国に続いて2番目に大きい市場。世界でもヘアサロンがたくさんあるが、日本は質が高い。見る目が特に厳しいので、日本で成功すると世界でも成功するだろうという方程式がある。消費者の評価は、世界にとってもベンチマークになる。また、ビューティのトレンドも日本は早く、デジタルも早い」と説明した。

日本で先行導入された背景
日本で先行導入された背景

 58人の美容師をプロジェクトに迎え、デザインや操作性を高めた。また、2137本の毛束テストと3万人髪のプロファイルで精度を追求した。なお、現在は日本人の髪のみに対応しているという。

手にフィットしやすい、大きさやデザイン、軽さを実現したという
手にフィットしやすい、大きさやデザイン、軽さを実現したという

 また、収集した髪のデータはビックデータとして蓄積し、より精度の高いヘアケアの提案に生かすとしている。

 先行導入店舗は、プログレス中野店(東京都中野区)、NORA(東京都港区)、NORA Journey(東京都渋谷区)、KORD TOKYO(東京都渋谷区)、シャウルデッサン北堀江店(大阪市西区)、ROSE/Blanc/LIV OSAKA/Noir/rise(大阪市北区)の7店舗。ほか、名古屋で2店舗を予定している。

 ヘンケルは、ドイツのデュッセルドルフに本社を置く企業だ。1876年に設立され、140年以上の歴史を持つ。接着技術、ビューティケア、ランドリー&ホームケアの3分野を柱としている。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]