logo

LyftとAptiv、自動運転タクシーで視覚障がい者の移動を支援--NFB年次会議に合わせ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 配車サービスのLyftと自動運転技術のAptivは、ネバダ州ラスベガスで開催される全米視覚障害者連合(NFB)年次会議の期間中、目の不自由な人の移動を支援するため自動運転タクシーサービスを提供すると発表した。NFBの会議は、7月7日から12日にかけて開催された。

自動運転タクシーで視覚障がい者の移動を支援(出典:Lyft)
自動運転タクシーで視覚障がい者の移動を支援(出典:Lyft)

 Lyftは、2年にわたってNFBと準備を進め、目の見えない人や視力の低下した人がLyftとAptivの自動運転タクシーを利用できるようにしてきた。視覚障がい者支援団体であるLighthouse for the Blind and Visually Impairedの協力も得て、点字版の利用ガイドを作成。自動運転タクシーのルートマップや車両の説明図を、点字で提供した。

用意した点字版の利用ガイド(出典:Lyft)
用意した点字版の利用ガイド(出典:Lyft)

 なお、LyftとAptivは、2018年にラスベガスで自動運転タクシーのサービスを開始。2019年6月の時点で乗車回数が5万回を超えたと発表している。

ラスベガスの公道を自動運転タクシーが走る(出典:Aptiv)
ラスベガスの公道を自動運転タクシーが走る(出典:Aptiv)

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]