logo

米国家安全保障局、サイバーセキュリティ指令部を新設へ

Corinne Reichert (CNET News) 翻訳校正: 佐藤卓 高森郁哉 (ガリレオ)2019年07月24日 10時50分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 米国家安全保障局(NSA)がサイバーセキュリティ指令部を設置し、「ホワイトハットの使命を復活させる」という。このサイバーセキュリティ担当部門は10月1日から始動する予定だ。

NSAのロゴ
提供:Brooks Kraft LLC/Corbis via Getty Images

 サイバーセキュリティ指令部の責任者には、現在NSAの作戦指令部の副部長補佐を務めるAnne Neuberger氏が就任すると、NSAは7月23日に発表した。Neuberger氏はこれまで、NSAの最高リスク責任者、作戦副部長、「Russia Small Group」と呼ばれる組織の責任者を歴任してきた。Russia Small Groupは、2018年の米中間選挙期間中に、外国による選挙への干渉を阻止する役割を果たしたと、米CNETの姉妹サイトである米ZDNetは報じている。

 NSAは23日の発表の中で次のように述べた。「サイバーセキュリティへのこの新たなアプローチにより、米国土安全保障省の連邦サイバー軍や米連邦捜査局(FBI)といった米政府機関の主要なパートナーと連携するうえで、NSAがよりよい位置につけるだろう」

 「また、当局が顧客との情報共有を向上できるようになることで、顧客は悪意あるサイバー活動に対する防御を備えられる」(NSA)

 正式な発表は、NSA長官のPaul M. Nakasone氏が23日、ニューヨークのフォーダム大学で開催されている国際会議「International Conference on Cyber Security」での講演中に行った。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]