logo

ファーウェイ、北朝鮮の無線ネットワーク構築を秘密裏に支援か

Katie Collins (CNET News) 翻訳校正: 編集部2019年07月23日 09時03分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 中国ハイテク大手の華為技術(ファーウェイ)が、北朝鮮の3G無線ネットワーク構築を秘密裏に支援していた可能性が、同社の元従業員がリークした社内文書を基に報じられている。The Washington Post(WP)が米国時間7月22日に公開した作業指示書、契約書、スプレッドシートには、ファーウェイが別の中国企業であるPanda International Information Technologyとともに、8年間の間にこの分野の複数のプロジェクトに従事していたことが示唆されている。

ファーウェイのロゴ
提供:Rafael Henrique/SOPA Images/LightRocket via Getty Images

 今回の報道は、ファーウェイの評判に新たに打撃を与えるものだ。米中貿易戦争が繰り広げられる中で、同社は米政府から槍玉にあげられている。

 文書は、公共の利益になると考えたファーウェイの元従業員によってWPに提供されたもので、それ以外の2人の人物が提供した他の文書によって、その内容が裏付けられている。WPによると、文書は、北朝鮮プロジェクトにおける同社の具体的は関与を明確に示すものではなく、ファーウェイは文書の真正性について肯定も否定もしていないという。

 「ファーウェイは、事業を展開する国と地域のすべての適用法令および規制に準拠することに全力を尽くしている。これには、国際連合、米国、欧州連合のすべての輸出制限および制裁の法令と規制が含まれる」と同社の広報担当者は述べた。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]