logo

[ブックレビュー]日本企業に足りないもの--「外資の流儀 生き残る会社の秘密」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
講談社
詳細:新書 / 208ページ / 講談社 / 著者:中澤 一雄 / 発売日:2019/05/15 / 外形寸法 (H×W×D):17.4cm×10.8cm×1.1cm / 重量:0.1kg
内容:本書は、外資系企業礼賛の本では決してない。将来にわたって、多くの日本の会社に生き残ってもらいたい、日本の会社やそこで働く人たちが、イキイキとしていて欲しいという願いの込められた本である。
「外資の流儀 生き残る会社の秘密」
「外資の流儀 生き残る会社の秘密」

 すでに肌で感じている人も多いかもしれない。「このままではこの会社は生き残れないし、会社がなくなるということは働く場所がなくなるということで、外でも通用するスキルを自分でも身につけていかなければ」と。そこで参考にすべきは、外資のやり方である。本書は、外資系企業礼賛の本では決してない。将来にわたって、多くの日本の会社に生き残ってもらいたい、日本の会社やそこで働く人たちが、イキイキとしていて欲しいという願いの込められた本である。

 まずは日本の会社の現状を数値やグラフで把握し、何がいけないのか、どういう取り組みをしていくべきなのかを提示していく。著者の多彩な経験に基づく実例が非常に興味深く面白い上に、具体的な改善方法まで書かれているので、これを読むだけでもさまざまなヒントを得られる。売り上げが伸びずに悩んでいる企業の担当者や店舗経営者にはなおさらお勧めする。

 経営の話ばかりではない。会社で働く人たちに対するアドバイスも実践的だ。特に転職をしたことがない人は、すぐにでも目を通しておくべきだ。今すぐ転職する予定がなくても、いつ会社を変わる必要が出てくるかは、今の時代誰にも分からない。いざという時の心構えは必要だ。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]