logo

任天堂、Nintendo Switchにバッテリー持続時間を強化した新モデル--8月下旬から

佐藤和也 (編集部)2019年07月17日 22時26分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 任天堂は7月17日、ゲーム機「Nintendo Switch」にバッテリー持続時間が長くなった新モデルを、8月下旬ごろから順次販売を開始すると発表した。価格は現行モデルと変更はなく、2万9980円(税別)。

 公式サイトにおける機能説明ページよれば、バッテリー持続時間は遊ぶソフトによって変わったり、使用状況によって短くなることがあるとしているなか、目安として現行モデルは約2.5~6.5時間だが、新モデルは約4.5~9時間としている。例として、「ゼルダの伝説 ブレスオブザワイルド」なら、現行モデルの約3時間から、新モデルは約5.5時間としている。

 価格を含めた機能や仕様の変更はない模様。なお、新モデルはパッケージデザインを変更するとしている。従来モデルとのパッケージデザインの違いなどは商品ラインアップページに記載されている。また、9月27日発売予定の本体セットとなる「ドラゴンクエストXI S ロトエディション」は、新モデルになるという。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]