logo

クアルコム、「Snapdragon 855 Plus」を発表--5G、ゲーム、AI、XR体験を向上

Stephanie Condon (CNET News) 翻訳校正: 中村智恵子 高橋朋子 (ガリレオ)2019年07月16日 10時02分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Qualcommは米国時間7月15日、同社のこれまでで最も高性能なモバイルプラットフォームとなる「Snapdragon 855 Plus」を発表した。同製品は、2018年12月に発表され、サムスンの「Galaxy S10 5G」などの端末に搭載されている「Snapdragon 855」を強化したものだ。CPUとGPUの性能が向上し、特にゲーム愛好者に歓迎されるものとなっている。

 Snapdragon 855 Plusに搭載される「Qualcomm Kryo 485」CPUのプライムコアのクロックスピードは最大2.96GHzとなり、また「Qualcomm Adreno 640」GPUはSnapdragon 855と比較して性能が15%向上している。

 「Snapdragon 855 Plusは、コアゲーマーが求める水準を引き上げるものになるだろう。CPUとGPUの性能を高め、5G、ゲーム、AI、およびXR(Extended Reality)の体験を向上させるという、OEM顧客が当社に期待することを実現している」と、Qualcommの製品管理担当バイスプレジデントKedar Kondap氏は声明で述べている。

 Snapdragon 855と同様に、Snapdragon 855 Plusは「Snapdragon X24 LTE」4Gモデムを搭載し、併せて「Snapdragon X50 5G」モデムで5G接続に対応している。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]