logo

Twitter、宗教グループを対象とするヘイト発言を禁止

Abrar Al-Heeti (CNET News) 翻訳校正: 編集部2019年07月10日 06時59分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Twitterは米国時間7月9日、ヘイト行為に対する同社のルールを改定し、信仰している宗教を理由に「人間性を否定」する発言を禁止するとした。この新しいルールに違反するツイートは削除されるという。

Twitterのロゴが表示されたスマートフォン
提供:SOPA Images / Getty Images

 ルール改定以前に投稿されたツイートは、報告があれば削除するが、ルール改定以前に送信されたものであるため、それを直接の理由としてアカウントを停止することはないとTwitterは述べた。

 Twitterは2018年に、同社のヘイト行為ポリシーに関する意見をユーザーから募り、30カ国を超えるユーザーから8000件を超える回答を得た。多くの人々から、ポリシー違反のより明確な定義と、ルールのより一貫した徹底を求める意見が寄せられた。

 他のグループを保護するようにルールを拡大する前に、さらに理解を深めるためにTwitterが取り組みを進めている領域がまだ存在する。例えば、「侮蔑語が肯定的な意味で使われているケースなど、社会的に排除されているグループ内でのユーザーの会話を保護」することや、文脈を考慮してそれに応じてルールを適用することなどがこれに含まれる。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]