logo

Live Smart、中国のTuyaと業務提携--日本国内のスマートホーム化を加速

加納恵 (編集部)2019年07月04日 11時00分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 スマートホームサービス「LiveSmart」を展開するLive Smartは7月4日、中国のIoTデバイスプラットフォーム提供企業であるTuyaと業務提携を締結したと発表した。「Tuya Smart」と連携し、スマートホーム化を加速する。

 Tuyaは、2014年に設立。家電製品をIoT化するソリューション「Tuya Smart」を提供し、全世界で1万社以上に採用されている。日本では、ソフトバンク コマース&サービスがTuya Smartの取り扱いを開始している。

 今回の提携により、LiveSmartユーザーは、「Tuyaアプリ」または「Smart Lifeアプリ」に登録されたTuyaデバイスをLiveSmartシステム内で利用が可能になるとのこと。「LS Mini」または「LS Hub」のユーザーはTuyaアカウントをLSアプリ内でリンクするだけで、全てのデバイスが自動でLiveSmartのシステムに同期される。

 Live Smartは、累計1億個以上販売されているTuyaと提携することで、日本国内でのIoTデバイスの普及と同社が提供するスマートホームサービスLiveSmartの接続可能なデバイスを拡大することで、より多くの家庭へのスマートホームの普及を目指すとしている。

 

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]