logo

ゲーミングデバイス「Mad Catz」が日本再上陸--マウス3製品を発売

佐藤和也 (編集部)2019年06月28日 12時17分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ゲーミングデバイス「Mad Catz」を展開するMad Catz Globalは6月28日、日本に再上陸し、マウス3製品の国内販売を開始する。

 Mad Catzは1989年に米国で設立。1990年代には米国を代表するゲーム周辺機器メーカーとしてゲーミングデバイスを展開していたものの、2017年に破産。市場から去っていたものの、香港に拠点を置くMad Catz Globalとして2018年に復活。米国などでマウス、キーボード、ヘッドセットなどの販売を再開していた。

Mad Catzについて
Mad Catzについて

 国内第1弾となる製品はゲーミングマウスで、「R.A.T. 4+」(市場想定価格は7980円(税別)前後)「R.A.T. 6+」(同9980円(税別)前後)「R.A.T. 8+」(同1万2800円(税別)前後)の3製品。2017年以前のR.A.T. 4、R.A.T. 6、R.A.T. 8のデザインを踏襲しつつ、センサーなどのデバイスを見直したモデルという。

新製品のひとつ「R.A.T. 8+」
新製品のひとつ「R.A.T. 8+」

 国内販売については廣瀬無線電機が代理店を担当。6月28日からヨドバシカメラにおいて先行販売を行い、7月31日まではキャンペーン価格として販売。それ以降、販売店舗を拡大していくとしている。

ヨドバシカメラでの販売キャンペーンについて
ヨドバシカメラでの販売キャンペーンについて

 今後日本市場に向けてキーボード、ヘッドセットなどを順次販売していくという。また、先だって行われた記者説明会において、Mad Catz Global General ManagerのBill Lo氏は、破産した事実があることに触れ「過去の失敗から学び、新たな出発のために、社員総出で努力をし続けている」と語る。直近は過去の製品をリフレッシュしたモデルを展開しているが、テクノロジなど未来への投資を積極的に行っているとし、今後はゲーマーが求める新製品を生み出し、ゲーミングのビジネスをさらに引き上げていくとした。また、かつてはアーケードスティックコントローラーで評判の高い製品も展開していたが、再投入については「予定がある」と回答した。

Mad Catz Global General ManagerのBill Lo氏
Mad Catz Global General ManagerのBill Lo氏
Mad Catz Globalとしての意気込みについて
Mad Catz Globalとしての意気込みについて

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]