logo

税込9980円で買えるスマートディスプレイ「Amazon Echo Show 5」を写真で見る

山川晶之 (編集部) 西中悠基 (編集部)2019年06月27日 08時00分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 「Echo Show 5」は2種類のカラーが用意されている。

 「Echo Show 5」は2種類のカラーが用意されている。

 アマゾンは6月26日、音声アシスタント「Amazon Alexa」を搭載したスマートディスプレイ「Amazon Echo Show 5」の出荷を開始した。税込9980円と、同社のスマートディスプレイとしては最も安く、スマートスピーカーAmazon Echo(税込1万1340円)よりも安価だ。

キャプション
アマゾンのスマートディスプレイ「Echo Show」は3種類がラインアップされている

 5.5インチの液晶ディスプレイを搭載。これにより、一日の予定やニュース、天気などでも、声だけで操作するスマートスピーカーと比べて情報量が格段に増えるほか、タッチパネルを生かしたスマート家電の操作、動画再生(Amazon Prime Videoなどに対応、Netflixには対応しないがYouTubeはブラウザ経由で視聴可能)、料理のレシピ表示、音楽再生(Amazon Music、Spotify、dヒッツ、うたパスなど)、別室などに設置したセキュリティカメラの映像、アマゾンで注文する商品も画面で確認できる。家電の操作は「定型アクション」に対応し、一つのワードで一連の家電操作やニュース読み上げ、カレンダー表示といったタスクを実行できる。

キャプション
先日発表された「Google Nest Hub」との比較。Nest Hubは7インチディスプレイを搭載し、Echo Show 5のコンパクトさが目立つ

 1メガピクセルのカメラを内蔵し、家族や友人などとのビデオ通話が可能。Echo Showに話しかけた音声を、トランシーバーのように別の部屋のEcho Showで流すこともできる。さらに、セキュリティにも配慮しており、マイクとカメラをオフにする専用ボタンが内蔵されているほか、カメラのみをオフにするスライドカバーも搭載する。

 スキルの数も2500以上に拡充。今回、ヤマト運輸のスキルにて、アレクサに話すだけで配達予定の荷物を確認できるようになった。その他、「NHKニュース」や「テレ朝 news」といったニュース映像、ラジオ、ラーニング、レシピやグルメ情報もディスプレイで見ながら使うことができる。

 スペックは、1.65インチ4Wスピーカー、IEEE 802.11a/b/g/n/acのWi-Fi機能、Bluetooth機能(Bluetoothスピーカーとしてスマートフォンの音楽を流すことができる)を搭載。電源端子のほか、MicroUSB(USB経由のみでの起動は不可)、3.5mmジャックのオーディオ端子を備える。サイズは、148mm×86mm×73mm、重さは410gだ。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]