logo

CEO支持率ランキングのトップ10、IT関係が半数を占める--米Glassdoor調査

Steve Ranger (ZDNet UK) 翻訳校正: 編集部2019年06月25日 10時31分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 米求人サイトGlassdoorは米国時間6月19日、企業の最高経営責任者(CEO)を対象とした2019年度「Employees' Choice Awards」(従業員が選ぶ最高のCEO賞)を発表した。米国版の10位までのランキングには、大手IT企業のCEOら5人が名を連ねている。トップの座についたのは支持率99%を獲得し、2018年の78位(従業員からの支持率は92%)から大きく順位を上げたVMwareのPat Gelsinger氏だった。4位は同じく支持率99%を獲得したT-MobileのJohn Legere氏で、その後にAdobeのShantanu Narayen氏、MicrosoftのSatya Nadella氏が続いている。LinkedInのJeff Weiner氏は2018年と同じく8位だった。

 100位までのランキングには、SalesforceのMarc Benioff氏とKeith Block氏(17位)や、WorkdayのAneel Bhusri氏(22位)、DocuSignのDaniel Springer氏(27位)、SAPのBill McDermott氏(31位)、Cisco SystemsのChuck Robbins氏(40位)、GoogleのSundar Pichai氏(46位)を含め、10名を超えるIT企業のCEOが含まれている。なお、Benioff氏とSpringer氏は2018年にはトップ10に入っていた。

 FacebookのMark Zuckerberg氏は94%の支持率で55位となり、2018年の16位から大きく順位を落とした。それでも、(おそらくは驚くべきことに)Zuckerberg氏はAppleのTim Cook氏よりも上位に付けた。Cook氏は92%の支持率で69位だった。

 Glassdoorによるとこのランキングは、企業評価を提供してくれた従業員からの匿名のフィードバックに基づくものだという。

 SAPのBill McDermott氏はCEOの中でただ1人、米国版、英国版、カナダ版、ドイツ版の4カ国でランクインした。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]