logo

アップル、「Spotifyが払っている手数料は有料会員の0.5%分」と反論

Joan E. Solsman (CNET News) 翻訳校正: 矢倉美登里 高橋朋子 (ガリレオ)2019年06月25日 10時26分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Spotifyは有料会員の約0.5%について、15%の手数料をAppleに支払っているにすぎない。「App Store」の手数料に関するSpotifyの苦情に対して、Appleがこのように反論している。Spotifyは3月、欧州の独占禁止法当局にAppleへの苦情を申し立て、AppleがApp Storeのポリシーと手数料システムを利用して競合企業を抑え込んでいると主張した。

提供:Taylor Martin/CNET
提供:Taylor Martin/CNET

 Appleはこれに対し、Spotifyは現在、同社のいかなる会員についても、上限となる30%の手数料を支払っておらず、有料会員のうち約68万人についてのみ、より低い手数料(15%)を支払っている状態だと反論した。Appleのアプリ内課金システムに関連する手数料が不当だとの考えから、Spotifyは2016年以降、App Store向けアプリではアプリ内からの有料プランアップグレード機能を提供していない。このため、手数料30%の対象となる初年度会員はおらず、すでに手数料15%の対象となる次年度以降の会員となっている。

 Spotifyはこの件に関するコメントを控えた。

 この問題をめぐっては、大手端末メーカーで、モバイルサービスの成功に不可欠なApp Storeを提供するAppleと、世界最大の音楽サブスクリプションサービスで、特に人気の高い「iOS」アプリを提供するSpotifyが意見を対立させている。その結果次第では、Apple製デバイスおよび「iOS」アプリで何が購入できるか、また、Appleの競合企業からどの程度購入しやすいかに変化が生じる可能性がある。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]