logo

コロプラ、850万円の自社資金で取引先に課金を依頼か--セールスランキング操作で

佐藤和也 (編集部)2019年06月21日 18時04分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 コロプラは6月21日、自社のゲームタイトルにおけるセールスランキングの操作を目的とした不適切な取引が判明したと公表した。

 発表によれば、役職者を含む従業員2名が関与し、セールスランキングの操作を目的として、自社費用850万円をもって、ゲームタイトル「最果てのバベル」に課金することを取引先に依頼。6月13日に取引先が課金を実施した疑いが判明したとしている。

 現時点では過去における同様の取引は確認されていないとしているが、同社では第三者を含めた調査委員会を立ち上げ、調査を実施する予定。委員会の人選については、確定次第速やかに開示するという。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]