logo

ビッグエコーの「オフィスボックス」でスピーカーフォン「YVC-200」が無料貸し出し

佐藤和也 (編集部)2019年06月22日 07時25分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 第一興商が運営するカラオケルーム「ビッグエコー」のワークスペース提供サービス「オフィスボックス」において、ヤマハのユニファイドコミュニケーションスピーカーフォン「YVC-200」が、無料貸し出しグッズとして採用。6月12日から貸し出されている。

 オフィスボックスは、ビッグエコーのカラオケルームをワークスペースとして利用できるサービス。現在は全国約50店舗で展開されている。YVC-200は、個人から数名程度を想定したモデルのポータブルスピーカーフォン。小型軽量で45mmフルレンジスピーカーを搭載。接続や設定が容易な点も特徴となっている。

 オフィスボックスは、1人あたり60分につき600円(税別)、延長30分につき300円(税別)、フリータイムは1500円(税別)。詳細はオフィスボックスのサービスサイトにて記載されている。

YVC-200
YVC-200

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]