logo

クラウド人材管理「カオナビ」とSlackが連携--人事業務の管理などを効率化

佐藤和也 (編集部)2019年06月19日 11時32分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 カオナビは6月18日、クラウド人材管理システム「カオナビ」と、Slack Japanが提供しているビジネスチャット「Slack」との連携を開始した。

 この連携により、カオナビのアンケート機能「VOICE NOTE」を利用すると、これまでのメール通知に加え、Slackにも通知が可能となる。アンケート回答者も、Slackから回答画面に遷移でき、スムーズに回答を入力できるようになるという。

Slackでの使用イメージ、遷移先のイメージ
Slackでの使用イメージ、遷移先のイメージ

 このほか、MBOやOKR、360度評価といった評価制度に対応可能な評価ワークフロー機能「SMART REVIEW」においても、Slackとの連携で人事担当者、評価者、被評価者間のコミュニケーションの効率化が図れるとしている。

 今後については、実装予定のパルスサーベイ(コンディション調査)などの回答をSlackから直接入力できるようにし、コミュニケーションの機会と場を提供することにより、全般的に従業員エンゲージメントを高める取り組みを実現していくという。ほか、Slackのスラッシュコマンドを活用した従業員データの参照や、内線番号、座席表検索を可能とする機能の実装も計画しているという。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]