logo

アウディやホンダ、中国アリババの音声アシスタント「Tmall Genie」を搭載へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 中国のEコマース大手Alibabaは、AudiおよびRenault、本田技研工業(ホンダ)がAlibabaの自動車向け音声アシスタント機能「Tmall Genie Auto」を採用すると発表した。

アウディ/ルノー/ホンダがTmall Genie Auto搭載へ(出典:Alibaba)
アウディ/ルノー/ホンダがTmall Genie Auto搭載へ(出典:Alibaba)

 Tmall Genie Autoは、アリババが独自仕様のスマートスピーカー「Tmall Genie X1(天猫精霊X1)」などで提供している音声アシスタントの車載版。ホンダら3社は、中国で販売するインターネット接続対応自動車の一部モデルにTmall Genie Autoを搭載する。たとえば、Renaultは2019年後半に「Renault City K-ZE Tmall Genie Edition」を発売する計画。

Tmallの猫ロゴが描かれたRenault City K-ZE Tmall Genie Edition(出典:Alibaba)
Tmallの猫ロゴが描かれたRenault City K-ZE Tmall Genie Edition(出典:Alibaba)

 コネクテッドカーがTmall Genie Autoに対応することで、レストランの検索、映画チケットの購入、出前の注文といった操作が、運転中に音声で実行可能となる。Alibabaは、Tmall Genie対応スマートホーム機器の操作も社内から実行できるようにするとしている。

 なお、Tmall Genie Autoは、Volvo CarsとBMWも採用を決定済み。

BMWもアリババの音声アシスタントを採用(出典:BMW、Alibaba)
BMWもアリババの音声アシスタントを採用(出典:BMW、Alibaba)

 ちなみに、Tmall Genie搭載スマートスピーカーは中国でもっとも売れており、約600ブランドの対応デバイス1億台と連携可能だそうだ。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]