中国アリババ、独自のスマートスピーカ「天猫精霊X1」発表

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 中国のEコマース大手Alibabaは、独自仕様のスマートスピーカ「天猫精霊X1(Tmall Genie X1)」を発表した。まず、限定1000台を499元(約8300円)で販売する。


独自仕様のスマートスピーカ(出典:Alibaba)

 Tmall Genie X1は、サイズが126×83×83mmの円筒形をしたデバイス。マイクとスピーカを備え、音声コマンドを受けてさまざまな処理を実行したり、音声アシスタントとして機能したりする。Alibabaの運営しているECサイト「Tmall」の名前を冠していることから、通販も音声で利用できるようになるのだろう。現時点で40種類のスキルが用意されている。


Tmallの名前を冠した(出典:Alibaba)

各種スキルを用意(出典:Alibaba)

 プロセッサは、ARMのクアッドコア版「CortexA35」をベースとする「MTK MT8516」。無線LAN(Wi-Fi)の対応周波数は2.4GHz。Bluetoothの対応バージョンは4.0。


クアッドコアCortexA35を採用(出典:Alibaba)

 The Vergeの報道によると、「AliGenie」と呼ぶ音声アシスタント機能を搭載。スマートホームの制御、天気予報とニュースの確認、音楽再生などが可能だそうだ。7月17日に出荷を始めるという。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加