logo

スマートゲート、iPhone+電子聴診器の「オンライン聴診器」による遠隔医療

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 スマートゲートは6月12日、同社が提供するオンライン診療システム「スマートキュア」において、iPhoneなどのモバイル端末とJRCSの電子聴診器「JPES-01」を使用し、スマートフォンによるオンライン聴診を実現したと発表した。

キャプション

 スマートキュアは、シスコシステムズのクラウド会議サービス「Cisco Webex Meetings」を組込むフルHD動画・4K静止画に対応したオンライン診療システム。通院に代わるD2P(医師to患者)の遠隔診療システムでなく、with Nurse(介護職や看護師のサポート)による高齢者施設・在宅診療での利用も可能。

 なお、電子聴診器「JPES-01」は、一般の聴診器に極めて近い音色を再現できるため、初めて電子聴診器を使用する医師にも違和感が少なく、早期のシステム導入が可能だという。さらに、スマートキュアによって、複数医師による同時聴診、録音、共有も可能となっている。

 同社によると、オンライン聴診は心臓疾患、肺炎、喘息、肺気腫に代表される慢性閉塞性肺疾患(COPD)などの救急の判断、重症疾患の予測に限らず、救急搬送を未然に防ぐ手段としての使用にも期待しているという。

キャプション

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]