logo

フィアットクライスラーと新興企業Aurora、自動運転技術で提携

Andrew Krok (CNET News) 翻訳校正: 編集部2019年06月11日 08時39分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 新興企業のAuroraは、独自の自動運転車を開発するのではなく、プラットフォームを構築して、独自にプラットフォームを開発する時間、資金、専門技術を持たない自動車メーカーに販売することを目指している。今回新たに発表された提携も、その理念に基づいている。

提供:Aurora
Lincolnの上部に取り付けられたAuroraの製品(2018年撮影)。このキットは現在、かなり小型化している
提供:Aurora

 Fiat Chrysler Automobiles(FCA)は米国時間6月10日、Auroraとの了解覚書(MOU)に署名したことを発表した。FCAいわく「強力な関係」を確立して、最終的には、Auroraの技術を搭載する自動運転の商用車をFCAが開発および展開することを目指す。

 現時点で公表されているのはそれだけだ。Auroraは「Aurora Driver」ハードウェアとソフトウェアをFCAに提供し、FCAはそれを同社の商用車ラインに搭載する。それ以上の詳細は公表されていないため、商用車がバンになるのかトラックになるのか、あるいはそれ以外なのかはわからない。確実にわかっているのは、Aurora Driverがレベル4の自動運転に対応することだ。レベル4は、特定のジオフェンス領域で自動運転が可能なレベルで、この段階ではまだ人間のドライバーの乗車が必要だ。

 Auroraはこの数年間、多くの動きをみせている。直近では、LiDAR(ライダー)を開発するBlackmoreを買収すると発表して話題を集めた。その前の2月には、Amazonなどが支援するベンチャーキャピタルグループ主導のシリーズB資金調達ラウンドで、5億3000万ドル(約570億円)を獲得した。またFiat Chryslerのほかにも、現代自動車(ヒュンダイ)とVolkswagen(VW)がAuroraとの提携を発表している。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]