logo

富士通、音をからだで感じる「Ontenna」を発売へ--ろう学校に無償提供も

坂本純子 (編集部)2019年06月11日 11時43分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 富士通は6月11日、体に身に着けて音を感じられるデバイス「Ontenna(オンテナ)」を7月より販売すると発表した。市場想定価格は、Ontenna本体が2万5000円前後、Ontennaコントローラが3万円前後。

ヘアピンのように髪の毛に装着できる
ヘアピンのように髪の毛に装着できる

 Ontennaは、ヘアピンのように髪の毛に装着したり、耳たぶやえり元やそで口などに身に付けたりすることで、振動と光によって音の特性を体で感じられるユーザインターフェースだ。「まるで、ねこのヒゲが空気の流れを感じるように、髪の毛で音を感じることのできる装置」をコンセプトに、ろう者と健聴者が共に楽しむ未来を目指して、ろう者と協働で開発してきた。

 Ontennaは、マイクとバイブレータ、LEDが内蔵されており、マイクが60〜90dBの音圧をリアルタイムに256段階の振動と光の強さに変換して、音のリズムやパターン、大きさを、髪の毛を通じて伝える。これにより、聴覚障がい者の方でも振動によって音が知覚できるため、例えば、車の接近や玄関でのチャイムの音に気付けるとしている。

Ontenna本体が2万5000円前後、Ontennaコントローラが3万円前後
Ontenna本体が2万5000円前後、Ontennaコントローラが3万円前後

 まだ、ろう学校の教育現場での普及活用を目指し、6月11日より30校のろう学校から一部先行してOntennaの体験版を無償で提供する。Ontenna本体10台とコントローラ1台、充電スタンド11台をセットにしたもの。ろう学校総数は全国で118校あり、順次拡大予定としている。

 このほか、イベント支援サービスとして、Ontenna30台を1日20万円から貸し出す。システム環境構築費やイベント当日の運営費も含む。

 Ontennaは、富士通 スポーツ・文化イベントビジネス推進本部 企画統括部 Ontennaプロジェクトリーダーとして所属する本多達也氏が、学生時代から2012年より7年かけて開発をすすめてきたプロダクトだ。本多氏は、「障がいのあるなしにかかわらず、誰もが音を楽しめる未来をつくりたい」と語った。

左がOntenna本体、右がコントローラ
左がOntenna本体、右がコントローラ
本体は親指程度の大きさ
本体は親指程度の大きさ

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]