logo

家の前にポルシェ車を置いたらどう見える? --購入時の検討に便利な公式ARアプリ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Volkswagen(VW)傘下の自動車メーカーPorsche(ポルシェ)は、各種Porsche車の3D画像を風景に重ねて表示できるスマートフォン向け拡張現実(AR)アプリ「Porsche Augmented Reality Visualizer App」をリリースした。iOS版Android版を無償提供している。

実際の風景にPorsche車を合成(出典:Porsche)
実際の風景にPorsche車を合成(出典:Porsche)

 このアプリを使うと、スマートフォンのカメラでとらえた実際の風景にPorsche車を置いた状態が合成できる。車種やボディカラー、ホイールのタイプなども選べる。車種などの選択は、Porscheのウェブサイトで指定した設定をアプリに反映させることも可能。ボディに隠されたエンジンを透かして見る表示モードも備えている。

車種やボディカラー、ホイールなどが選べる(出典:Porsche)
車種やボディカラー、ホイールなどが選べる(出典:Porsche)
ボディを透かして見ることも可能(出典:Porsche)
ボディを透かして見ることも可能(出典:Porsche)

 今のところAR表示可能な車種は、「Porsche 911 Carrera S」「Porsche Cayenne」などのほか、電気自動車(EV)「Mission E」。Mission Eは、2019年秋にEV「Taycan」が発売された時点で入れ替える。そのほかの車種については、2019年中に全モデルを合成できるようにする予定。

 自宅のガレージや玄関先にPorsche車を駐車したときのイメージを確認できるので、購入時の検討に便利だろう。また、リアルな画像を作って友達を驚かせることにも使える。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]