logo

シャオミ、画面下にカメラ搭載する技術を開発中--「レンズ覆う部分が一瞬で透明に」

Corinne Reichert (CNET News) 翻訳校正: 佐藤卓 吉武稔夫 (ガリレオ)2019年06月04日 10時37分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 中国の携帯端末メーカー小米(シャオミ)が将来発売するスマートフォンは、ディスプレイの下にカメラが埋め込まれるのかもしれない。同社は現地時間6月3日、この計画を明らかにするとともに、コンセプト動画を公開した。

提供:Xiaomi
提供:Xiaomi

 「未来を覗いてみたい? ほら……これがディスプレイ下カメラ技術だ!」と同社はツイートした。

 シャオミのシニアバイスプレジデントWang Xiang氏も、このディスプレイ下カメラ技術について詳しく説明するツイートを投稿した。同氏はこの技術について、「フルスクリーンディスプレイとフロントカメラが共存する究極のソリューション」だと述べている。

 Xiang氏のツイートによると、「シャオミは現在、前面カメラをディスプレイの下に隠す技術の可能性を探っている。自撮りカメラを起動すると、カメラのレンズを覆っている部分のディスプレイが一瞬で透明になり、光が通過できるようになる」という。

 この技術の特徴は、20メガピクセルカメラを覆っている小さな領域が、透過率が高く反射率の低いガラスで作られた透過型ディスプレイになっているところにある。

 「この透過型ディスプレイはカメラレンズとしての役割も担う。より多くの光をレンズに取り込めるようにすることで、この埋め込み型のディスプレイ下カメラを起動すると、完璧な自撮り写真が撮れる。その画像は、極めて口径の小さいレンズを用いるソリューションよりクリアで鮮明だ」とXiaomiは述べている。

 Xiaomiはこれより前のツイートで、「Mi 9」の新しいモデルを6月12日に発表することも明らかにした。


こちらはシャオミの折りたたみ式スマートフォンについて伝える米CNETの動画

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]