logo

AZIOの「Retro Compact Keyboard」--金属フレームに本革や木をあしらったレトロなキーボード

Daniel Van Boom (CNET News) 翻訳校正: 編集部2019年06月03日 13時02分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 台湾で開催された「COMPUTEX TAIPEI 2019」の混雑した会場でグラフィックカードやモニター、RGBヘッドフォンなどのおびただしい数の製品を見て回る中、筆者はAzioのキーボードで思わず立ち止まった。

Daniel Van Boom/CNET
提供:Daniel Van Boom/CNET

 「Retro Compact Keyboard(RCK)」は、本革と金属フレームを採用したメカニカルなBluetoothキーボードだ。Azioによると、バッテリー寿命はおよそ9カ月で、バックライトを点灯させた状態だと1~2カ月だという。

 色はアルチザン、ガンメタル、ポッシュ、そして本革の代わりに木を採用したエルウッドの4色。会場で試しに少し使ってみたところ、キーボードのキーに非常に奥行きがあり、感触が柔らかいため確かに変わっているが、使っているうちに慣れそうだ。だがメカニカルなキーボードが好みでない人は、この製品には向いていないだろう。

 RCKの価格は219.99ドル(約2万4000円)で、類似製品のUSB接続型キーボード「Retro Classic USB」は189.99ドル(約2万500円)となっている。安くはないが、見た目は素晴らしい。

Daniel Van Boom/CNET
アルチザン
提供:Daniel Van Boom/CNET
Daniel Van Boom/CNET
ガンメタル
提供:Daniel Van Boom/CNET
Daniel Van Boom/CNET
ポッシュ
提供:Daniel Van Boom/CNET
Daniel Van Boom/CNET
エルウッド
提供:Daniel Van Boom/CNET

 各キーボードに合う本革使用のマウスも99.99ドル(約1万1000円)で販売されている(エルウッドエディションのマウスはない)。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]