logo

AI画像認識の「Googleレンズ」、フィルター5種を追加--商品情報や翻訳をオーバーレイ表示

Corinne Reichert (CNET News) 翻訳校正: 湯本牧子 高森郁哉 (ガリレオ)2019年05月29日 12時43分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Googleは、「Googleレンズ」の新しいフィルター「Dining」「Translate」「Text」「Shopping」「Auto」をリリースした。


 Googleによると、Googleレンズの新しいフィルターは、現実世界の被写体の上にオーバーレイ表示する情報を、より見やすく、より素早く提供するという。

 Diningフィルターは、メニュー上で人気の料理を自動でハイライトし、「Googleマップ」を利用して特定の料理の写真やレビューを表示する。

 「食事が終わったら、カメラを勘定書きに向けるだけで、Googleレンズがチップや割り勘の料金計算を助けてくれる」(Google)

 Translateフィルターを利用すると、Googleレンズは言語を検出し、文字の上に翻訳をオーバーレイ表示する。Googleによると、100を超える言語に対応しているという。

 Textフィルターでは、Wi-Fiのパスワード、ギフトカードのコード、レシピなどの被写体に記載されたテキストを、スマートフォンにコピー&ペーストできる。Shoppingフィルターでは、カメラを衣類や家具、インテリアに向けると類似の商品が表示されるほか、バーコードスキャン機能も備える。

 最後に、Autoフィルターでは、ユーザーがカメラを向けている被写体に応じて検索結果が表示される。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]