logo

ポケモンが“睡眠のエンタメ化”--新アプリ、「Pokemon GO」と連動デバイスを開発

佐藤和也 (編集部)2019年05月29日 11時11分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ポケモンは5月29日、都内にて事業戦略発表会を実施。そのなかで、ポケモンによる“睡眠のエンタメ化”を打ち出し、スマートフォン向けアプリ「Pokemon Sleep」の開発を発表。これとは別に、「Pokemon GO」と連動した睡眠に関する新デバイスとして、「Pokemon GO Plus +」の開発もあわせて発表した。

「Pokemon Sleep」
「Pokemon Sleep」

 ポケモン代表取締役社長の石原恒和氏は、Pokemon Sleepについて「朝起きることが楽しみになる」をコンセプトとしたゲームになるという。2020年サービス開始予定としている。なお、Pokemon GOとの連動要素はないとしている。

ポケモン代表取締役社長の石原恒和氏
ポケモン代表取締役社長の石原恒和氏

 Pokemon GO Plus +については、睡眠のエンターテインメント化をサポートする新デバイスとなるもので、発売されているPokemon GO Plusに、眠っている時間を計測する機能をプラスしたものとしている。

「Pokemon GO Plus +」
「Pokemon GO Plus +」
開発を担当する任天堂 ハードウェア開発部の丸山和宏氏が実機を持って登壇
開発を担当する任天堂 ハードウェア開発部の丸山和宏氏が実機を持って登壇。内蔵した加速度センサーによって眠っている時間を計測。その結果をBluetooth通信でスマホに転送するという
Niantic CEOのジョン・ハンケ氏も登壇した
Niantic CEOのジョン・ハンケ氏も登壇した

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]