logo

フォード、2足歩行の配達ロボット「Digit」を試験--自動運転車から玄関先までを担当

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Ford Motorとロボット開発企業のAgility Roboticsは、自動運転車と2足歩行ロボットの組み合わせによる宅配技術を共同開発すると発表した。

自動運転車から玄関まで荷物を運ぶ(出典:Ford)
自動運転車から玄関まで荷物を運ぶ(出典:Ford)

 Fordは以前から自動運転車を使った配送サービスを試験運用しているが、自動車だと荷物を玄関までは運べないことが問題だった。そこで、自動車で配達先に到着したら、2足歩行のロボットが荷物を持って玄関へ移動するシステムの実用性などを検証する。

 検証では、Agility Roboticsの開発したロボット「Digit」を使う。人間と同じように歩行する能力を持ち、人間が日常的に歩ける場所であれば階段の上り下りや不整地の歩行も可能。荷物は、2本の腕のようなデバイスで挟んで持つ。最大40ポンド(約18kg)の荷物を運べるという。

自動車から降り(出典:Ford)
自動車から降り(出典:Ford)
玄関先まで荷物を持っていく(出典:Ford)
玄関先まで荷物を持っていく(出典:Ford)

 Digitは距離計測センサーのLiDAR(ライダー)とステレオカメラを搭載しており、自律的に自動車と玄関先とのあいだを往復できる。ただし、対処不可能な障害物に出会った場合は、自動車に無線通信で助けを求める。すると、自動車はクラウド環境に保存された詳細なデータなどを参照し、対処方法を指示する仕組み。

 Fordは、自動運転車とDigitを組み合わせた配達技術の試験を、2020年の早い時期に始める予定。

 Agility Roboticsは、Digitを単体で外販する計画。価格は2019年なかごろに発表し、2020年第1四半期より出荷するとしている。

Digitの紹介ビデオ(出典:Ford/YouTube)


CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]